クラブ

ご挨拶

我々上武大学サッカー部は、群馬県南部と埼玉県北部を流れる利根川沿いに位置し、上武大学伊勢崎キャンパス内サッカーグラウンドで活動しています。

本学創立の翌年1969年(昭和44年)に結成され、2003年(平成15年)強化指定クラブとして大倉寿仁氏が監督に就任、本格的に強化がスタートしました。

2007年(平成19年)には指導経験豊富な仲井真 弘毅氏がコーチに就任し、2008年(平成20年)に関東大学リーグ昇格決定戦を制し、強化6年目で念願の関東大学リーグ初昇格を決めることができました。

現在は北関東大学サッカー連盟に所属し、関東大学リーグ再昇格、天皇杯出場を目標に強化しています。

目標

  1. 関東大学リーグに再昇格し、2部リーグ定着・1部リーグへチャレンジできる力をつける
  2. 天皇杯 全日本サッカー選手権大会に群馬県代表として出場し、日本一を目指しチャレンジする
  3. 一人でも多くのプロ選手の育成と指導者の養成をする
  4. 一人でも多くのファンをつくる

理念

  1. 上武大学・建学の精神『雑草精神(あらくさだましい)』のもと、いつの時代にあっても、どのような環境におかれても、忍耐強く、実社会において即戦力となる幅広い人材の育成を図ることを志す
  2. サッカー活動・集団生活(寮)を通して、協調性や社会性を身につけ、自立した人格形成を目指す
  3. フェアプレー精神を理解し、ルールや仲間を尊重できる人材づくり
  4. 礼節・感謝の心・謙虚の姿勢・ボランティア精神(奉仕活動)を重んじる個人・集団とする
  5. 何事にもチャレンジし、失敗にも屈せず、前向きに・ひたむきに努力できる精神を養う
  6. 地元地域社会に貢献できる人材・リーダーの養成